体の痺れに要注意|脊柱管狭窄症は病院で治療する

病院

肩や首の痛みにご用心

観葉植物

頸椎椎間板ヘルニアとは、首から腰にかけて伸びている脊椎のうち頸椎部分にある椎間板という組織に故障が発生して起きる病気です。症状は肩こり程度の軽いものから上肢のしびれ、歩行障害に至るまでさまざまで、治療もそれぞれの程度に応じて行われます。

View Detail

腰などの痛みを治す

看護師

大阪には椎間板ヘルニアの治療を受けている人が数多くいます。治療を受ける場合、自分の希望する治療を行っている病院を探すことが必須です。今後は、高齢化社会もあり、椎間板ヘルニアに悩む人は増え続けていくことでしょう。

View Detail

保存療法とサプリメント

女性

頚椎椎間板ヘルニアの治療は保存療法が基本です。自然に治るのを促すために整体で姿勢を整え、ストレッチで筋肉をほぐすと良いでしょう。現状として根本治療は外科的手術になりますが、自然治癒を促すアプローチとしてサプリメントの使用が広がっていくでしょう。

View Detail

その痺れ、もしかしすると

医者

どんな症状が出現するのか

足に痺れがあるけど、前に屈むと少し落ち着く。そんな症状の場合、脊柱管狭窄症が疑われる。脊柱管狭窄症とは、文字通り脊柱管の中を走る神経が狭窄されて痺れや足の動かしにくさなどが出現する病気である。脊柱管は、脊椎の椎体と椎弓の間に存在する。高齢になると、その椎体や椎弓が変性したり、周りの靱帯が厚くなったり、椎間板が変性を起こして、脊柱管が圧迫を受ける。そうなると脊柱管の中の神経も同様に圧迫を受け、その神経のレベルに合った部位に痺れや動かしにくさが出現する。特に、脊椎を反らすとその症状は強くなりやすく、反対に前に屈むようにすると症状は軽快する事がある。歩く時も背筋を伸ばしていると徐々に痺れて歩きにくくあるが、前かがみになった後は症状が落ち着き、また歩けるようになるという間欠性跛行も脊柱管狭窄症の特徴である。

高齢化社会がどんどん進んでいる我が国においては、中高年になり脊椎の変形も進む高齢者も増え、脊柱管狭窄症の患者が増える事も否定できない。現在でも240万人が脊柱管狭窄症を発症している事が報告されており、今後も増えてくことが予測される。しかし、脊柱管狭窄症は直らないものではなく、手術やリハビリによりその症状は緩和する事が出来る。他に、保存療法として、薬物療法や、神経ブロック療法、装具療法などもある。また、画像検査などによる早期発見を行う事で、早期治療へと展開する事が出来、重症化する事も防ぐ事が出来る。米国でも近年になり脊柱管狭窄症の手術数が増えているが、これは画像診断の正確性が向上してきているからとの報告もある。